Top / ゲーム:刀剣乱舞、その26

ゲーム:刀剣乱舞、その26 のバックアップ(No.2)

Last-modified:


ゲーム:刀剣乱舞、その26

9月21日めも。

『日本刀全集(2 日本刀の時代の見どころ』読了、この本を読んでいて一番「あー…」となったのがあれ、豊臣秀吉がいろんな職人に天下一の称号を与えていたものの、刀鍛冶に対しては特になかったみたいな。
まあ、この時代だと堀川国広がいるので、彼だよね、みたいに言われてましたし、彼の経歴のどっかで引っ掛かって駄目って可能性もあるにはあるんですが。
微妙にね、なんか秀吉って刀が好きな気がしないんだよね。
もともとこの人の立場っていうか、身分考えたらそれも無理もないような気もするんだよなぁ、あれですね、農民って言われてますが、多分足軽というか、半農の地位だと思う、江戸以前はその辺普通に混ざってるしね。
(奥さんのおねさんとが恋愛結婚と言われてますが、彼女が下級武士の家って言われてて、彼女の兄が連雀商人って言ったらまあそういう階層ってほうが自然。)
だからあれだよね、衆道が苦手だったとも言われてるけど、だってあれなんか怖いんだもん…、めっちゃ人死ぬし、仕えてたのは合理的って言われてた織田信長だし。わりと旧式の礼儀とか因習に関しては守ってたと言われてるけど、そりゃ、武士の習いっていうよりこの当時の人はだいたい皆同じだよな。
なんというか、当人の発想も基本的に常道を引っ繰り返すみたいなところがあるし。
刀に関しても見分けるとか得意で業物の孫六(美濃の現代刀)を差してたって聞くし、まあなんか、様式美的な拘りには乗れなかった可能性はあるかなって気もしないでもないんだけど【一期一振】だけ普通に好きなんでわかりにくくなってるんじゃないかな。
 
てか、与太話の雑感だけ語ったみたいな感じになったので以下次号。

9月22日めも。

昨日の『日本刀全集(2 日本刀の時代の見どころ』引き続き、いや前のは内容が無いようですが、てかこの手の日本刀の本で蕨手刀や毛抜形太刀、刀子、直刀、横太刀などときちんと触れてる本って正直始めて読んだのですが、よく考えたらここまで基本的な本で触れてたら個々の他の本でそんなに特に触れることもないかー、と思い直し。
まあしかし、平安時代の刀と自称してる刀が平安末から鎌倉の刀ってのって今までもぽちぽち読んでるんですが、かなり多いよなぁ。
逸話の時代が合わない上、逸話の出所がわからないなんてケースもままあって、刀本体はまあさておいて長いことその言い伝えと共に「きちんと」伝来されてるんだよなぁ。
あとこれ。
【長船派の長光に正応(1822年)以降の年紀があり、左近将監に任じられている。来国俊、了戒、新藤五国光よりも少し時代が先になる、弓馬の戦いから主兵を太刀打ちに置くようになった時代と見られる。あー、これで時代が定められてるのか納得<日本刀全集2、96p。文章は微妙に変えてます】
で、この左近将監は近衛府の従6位、出仕してるよなぁこれ…、びっくり。
 
新刀、新々刀に関してはだいぶ細かくまとまっていてわかりやすかったです、水心子正秀ってねぇ、いつも前提として名前が出てくるんですよね、名前はよく見てたものの実は一度も基本説明読んだことがなかったんだよね…。
今読んでわかることもありますが早めに知っておきたかったことも結構あるなぁ。しかし技術は年代の経過による縦移動でなくて横移動、伝播だよね、年代推定の基準にしてていいのかなぁ、どうもそこが馴染まない(正直贋作の見分け技術だと思うんだよね…)。

9月23日めも。

『新訂 官職要解』読了です、まあ基本的になにしに借りて来たのかというと武器作る部署がどうやって存在してるのかなぁ、みたいな感じの目的だったんですが。
えーと、前にも雑記に一回書いたんですが。
宮内省の十三司に鍛冶(かぬち)、典鋳(いもの)が大蔵省に属してるみたいな感じです、で、この鍛冶のほうが木工省などの大工作業のほうに吸収されたっぽいんだけども、ううん、前に源平の頃に東大寺が燃やされた時には調査の人員の中にいたのは鋳物師だったんだよなぁ、あと、大工を兼ねてるのも鋳物師関係っぽかったんだけど。
その辺の機微みたいなものは正直よくわかりません!
あとそういや、ももまんが調べて来てくれた「東大寺造寺所」っていう部署に関しては特に出てこなかったなぁ、なんかここがお寺作ってるみたいなんですが、国に部署が巻き上げられたみたいです、どこに属したんだろうなぁこれ。
あ、そうそう、大蔵省に「典鋳(いもの)」がいたのは金銀銅鉄を扱い、貨幣を作るためみたいですねー、そういや貨幣っていつ廃止されてたんだっけかな…。
(国内の悪貨発行と規制のいたちごっこで、ついには貨幣価値が崩壊し貨幣が廃止、大陸から貨幣を輸入する形で復活したそうです、この創意工夫の歴史が、こう。)
 
あと、長船長光さんの役職が「左近将監」で従6位で近衛所属。
のちの刀工の受領に関しては、あー、まあ、なんとなくわかりました、介でも守って呼んだりそもそも任地に行かなかったり、なんか全体的にザルかった。
そういや前に中世のお買い物本で読んだ官職売買はあんまり載ってなかったね。
これ自体でどう、というよりは今後資料読む時の参考になるといいなー。

9月24日めも。

週刊 古寺を巡る01の『法隆寺-千四百年守りつづけた聖徳太子の理想』読了、えーと、あくまでもこれは2巻東大寺、4巻興福寺を読むための前哨みたいな感じで手に取ったんですけどねー。権門寺院よくわかんないし。
本の類がないわけでもないんだけども、なんか方向性が限られてるので単独で通冊になってるほうがいろんな視点があっていいんだよね。
なんていうのかな、一番重要な部分しか取り上げないみたいなあれです。
いろんな寺が含まれてるシリーズだと他の寺に引っ張られて視点が広いんだよね。
(しかしそれが著者さんの好きな寺括りだとまた偏るのさ。)
あくまでも政治的影響に関して知りたい、というのが主旨なので、まあ寺院巡りって意味では邪道だからその傾向そのものに意見したいわけではないのですよ。
でも、例えば建築に関してもそのパトロンの意向、時代の流れ、このあとの影響があったほうが面白いし、仏教美術に関しても背景あるほうが素人には面白いよねー。
なんの話だろうね。
 
あとやっぱり本命じゃない、というよりさすがに法隆寺だと聞くことも多いので正直あんまり得るものがあったわけではないんですが、あるじゃないですか、法隆寺の謎とか「聖徳太子非実在説」とか、昔はトンデモだったんですが最近は地位が上がってるらしいんですが、個人的にはこういう法隆寺に残る個人の意識を見るに付けて(聖徳太子とは限らなくても一人の人物と見るか、非常に性格の近い人って感じだよねぇ)、なんともこう、なんというかこう、ううん。
謎ってのもあれ、途切れず使われてる施設だからなぁ、いつのものかまず不明よね…。

Tag: とうらぶ
(ゲーム:刀剣乱舞、その26)