Top / ゲーム:刀剣乱舞、その33

ゲーム:刀剣乱舞、その33 のバックアップ(No.1)

Last-modified:


ゲーム:刀剣乱舞、その33

11月30日めも。

おはようございますそろそろ朝かなと思いますリアルタイム1日ズレです、数日くらいでがーっと詰め込みでやっていたことが終わり、健康面など全く省みなくなっていたように思いますがさすがに咳が止まったので追々と今後について考えて行こう。
ていうか帰国からあと一体なにやってたんだ私…(異国行きは妹が国際結婚して3人目が続けざまに出来ちゃったからであって、それ自体はなんかもう仕方ないんだ)。
とりあえず体力が回復して来たら本が読みたいです。本。
で、ここの雑記はさすがにずいぶんすかすかに抜けてるからどのくらい埋めてくかは徐々に考えるつもりです、ページ切り替えもだいぶおかしいしな。
 
で、そういや前に雑記を書いていた11月23日分くらいからあとでがりごりと鬼丸とか鬼切とか童子切なんかのことを書いていたんですが、だいたいそれと前後して(12月28日だったかな? 29日かも)、ゲームに新キャラが発表されまして、まあ源氏だわなということにはなりました一旦。
あれもう、『源氏物語』が取り上げられてた教科書思い出すと「あ、」と思うレベルでガチだったんですが、しかしそうなると関係してる刀が多いのでさっぱりわからず、ていうか紋の類がいつ使われていたのかはわかるんですが「いつまで」使われていたのかというのは本当に詳しい人しかわかんないんだよね…。
(素人が絶対わからないとは言わないんだけど、アマチュアって呼んでいい段階にならないとわからないと思うんだよね、3年くらいは欲しい。)
一応鬼切と童子切は可能性の中に含まれるらしいですよ、てか、言われてる情報がばらばらすぎてなんの参考にもならんな、てのが正直なところだなぁ。毎度のことだけど。

12月1日めも。

なんかいきなり昨日分で(今朝)書いてた内容が判明したので書いてます、誰だっけ? 髭と膝だったような気がする、多分です、で、髭が京都国立博物館とのコラボ展示で「=鬼切安綱」で展示されるらしいです、てことはさすがにゲーム内と設定同じかしら。
あ、まあ違っても特に気にしないです、ゲームはゲームだもんね。
んで、前にだらだら語ってたみたいになんか枠が足りないねんとか、一体どこで実装されるねんとか、童子切(天下五剣)と鬼切の兄弟扱いどうなんの??
だとかいろいろあるので投げました、実装したらわかるから気にするな☆
鬼切系のエピソードだとか、銘がどうのとか、名前がころころ変わってややこしいとかそういうのがどうなっているのとか、あと「鬼切と鬼丸(粟田口)が混ざる」とか、ていうかひょっとして粟田口扱いされてたことがあるのか鬼切(=髭丸)みたいな辺りとかそういうのがどうなるのかは知りません。
なるほどこの刀のために史実じゃないぜ宣言したのか! とか、いろいろ考えていますがすでにして鬼切と鬼丸を間違える人がぽちぽち。
 
てか、兄が膝で弟が髭だっけ、兄が弟の名前を忘れる設定だそうですが気にしなくていいよ、あの名前全部覚えて今どれだっけとか確かに厳しいよ。
なんかもう、資料に関しては皆大らかに行って欲しいですっていうか、こんな曖昧なジャンルで史実警察する人の気持ちが全然わからないというか、数冊読んでたらとてもじゃないけど断言することの怖さがわからないはすがないので、要するに特にちゃんと資料読んでないけども人のことは一方的に断罪するよ宣言として受けと(ry
丸いほうが粟田口(鬼丸)と覚えたら上手く行きました、よし待ってる!

Tag: とうらぶ
(ゲーム:刀剣乱舞、その33)