Top / 雑記:とうらぶその他、39

雑記:とうらぶその他、39 のバックアップ(No.2)

Last-modified:


雑記:とうらぶその他、39

1月31日めも。

リアルタイムです、日付けのほうがすっ飛んでいます(今後ちまちま考えるよ)。
で、ぷち大阪城を本日終えました、今回メインにしていたのがあれだったのですが源氏兄弟の【真剣必殺】を出すところだったのですが、さすがにもう少し事前に育てておけば良かったな! と今しみじみしています、わりと真面目に大変だったんだよ。
ていうかなにが一番大変って私、6面とか検非違使戦じゃないと怪我しないんですよね(なのでちょくちょく手入れ任務は放棄しているのですが、イベントの時に溜めておいて5人ずつ直すとかそういうこともしてる)。
で、目ぼしいところにはだいたい検非違使が付いている、後藤くんと物吉くん以外は50以下の面子がいない、その状態でレベル25までに真剣必殺を出せ、と言われると本当にイベント以外が思い付かない…。
まああれ、今回は大阪城に出してレベル20まで上げてから怪我をちまちまと蓄積させまして、ダメージがオレンジになったところで【1-1】と【1-3】に一人で放り出してそこで攻撃を受けて、みたいな感じの手順になりました。
桜付けって行為にも使うことがあったんですが、正直そのせいで検非違使マークを付けてしまったので今後同じようなことをやる時には1-3にしよう。少しわかってきた。
まあ、出来れば真剣必殺イラスト回収を無理にしなくてもいい環境になるといいんですけどね、大阪城に出してればだいたい自然に集まるからなぁ。
 
それが30日に済んだので、今日は大太刀のじろちゃんと博多だけ怪我を気にしつつ、あとは適当に詰め込んで18階から20階まで一気に駆け下り。
今の怪我人数えてないので、次のイベントいつか気になってます!!!

2月2日めも。

『趣味どきっ!お城へ行こう!』第一の陣「上田城・松代城」見ましたよ、まあ初回は真田さんとこだったんですけどね、ざっくり私は特に「強い武将」というものに興味がなく、強いから領土分捕ってったとかだとわりとわかるんですけども(でも別に好きにはならない)、強いからなんとか頑張って生き延びたよ!! みたいに言われたほうが興味持てるー、てのが正直なところですかも。
最近ちょくちょくそう表現されてきて、やっと「お、」と思った感じ。
なんかこう、要するに合戦に興味がないんですよね、さっぱり。
歴史に拘る史実に拘るって言われて、=合戦興味だと表現されるとひたすらがっかりです。合戦興味ですからねって最初から表明してくれるテイストがいいんだ。
 
まあただ、城を扱うのに合戦興味じゃ駄目かっていうとそこまででもないよね、戦のために作ってることくらいはわかるしね。
この回ではそもそもかつての真田家の城を再現するみたいなところから始まっていたのですが、まず石垣ではなくて土塁で作ったのは細かく作れるからだ、と言われると石垣出来たのって結構時代が下るというか、正直そんなに当時一般的じゃなかったはずというか、一部の最新の技術使えるところくらいだったんじゃないのかなぁ、とほんのり思ったり。
今やってる大河『真田丸』のあの父ちゃんだよね、あのぶっちゃけてる人。
要するにのちに息子が有名にはなったけど小国だからじゃね? 以外の感想があんまりなかったんですが、そういう観点で見直すと結構きちんと作ってるというか、人手もありそうだし広さもなかなか、息子の代にも父親の城が意識されてたってことだから機能的だとは思う、というか、この条件で小国が生き延び続けたんなら合理的だったろうなww

2月13日めも。

リアルタイム日付けですよー、さすがに間空けて記述していくほうがいいよな、と思いながら1ヶ月くらい前の日付けをぽちぽち埋めている感じです。ところどころに日付けに依存する内容があるものの、やっぱり同人誌の原稿とこれを平行してやってくのは無理があるようなそうでもないような(いやこれ書くの5分から15分くらいだから、気持ちの問題なんだと思うんですけどねー、正直)。
どっちかというと【かんぱに】と両立出来ないってのはあるような気がする、DMMゲーの一つです、正直ちょっと私のスペックのパソコンだと重いです。
 
で、ざっくり前日2月12日に【不動行光】さんが発表になりまして、短刀だっけか、森乱氏の刀だそうです、てか、普通に信長さんから下賜されたんじゃないのかなぁ、違うのかしら、ていうか、「森蘭丸」氏はハイパー有名人ですが、正直めっさ年齢が低くてびっくりしたんだけども(一応数年小姓やってるからまあ、なんというか小学校から中学校くらいみたいな感じ?)、あの超絶活躍は後世の創作らしいですさすがに。
なんでこの地位の人がそういう対象になったんだか今の私にはよくわからない。
あと「蘭丸」って名前も後世のものらしいです、本名じゃないのはともかく、当時からそう呼ばれてたんだとばかり思ってました、ちょっと最初に知った時恥ずかしかった…。
てか、小学生くらいなのになんか政治の場に関わってて「確かにだいぶ破格の扱いかも、このまま仕えてたら重要人物になったかもねぇ」というようなことは言われてたように思います、なんの本だっけ、小姓と馬廻り衆とかそういう系統の本。
あと刀は新藤五国光氏の弟子だそうです、新藤五扱いになるにはちょっと枠が足りないんだけどね! 国光氏も今の予定が出揃ったあと来て欲しいけど無理かなぁ、やっぱ。

2月15日めも。

リアルタイムで2月16日(お城の番組の再放送を見てる最中ですよ、その日付けで書く予定)、ええと、15日段階で「明日メンテナンスやるよー」ということが表明されていまして、12日の時点で【不動行光】が公開されていて、あと、そういや任務で6面任務が追加されていたりしたんですよね。
前にぷち大阪城があったので(小判取得イベントだよー)、小判を消費する通行手形イベント来るのかしらね、と言われていたものの、どっちかというこれは7面フラグって考えたほうがいいのかなぁ。
なんかしらは来るような気はするんだけどね、メンテナンスで。
そういや明石…さんなんだっけか刀工、まあいいや、明石さんが来た時点では特にイベント先行ってわけでもなかったし不動さんが7-2ボス辺りで来ても特に問題はないということになるのかしらん。
で、今後イベントが来るのだとするとそのイベントキャラが、て、あれ、そうか、物吉くんが7-4ボスで来てもいいのかそういや。
(あくまでもバランス的にって意味だよ、推測というほどでもないよ。)
 
あとあれ、7面で来るキャラの時代はともかくとして、今揃いつつある面子を見てると織田組といえるような人たちがいるっぽいので、あるいはその辺の時代じゃないかなー、みたいなことは言われてるんですけどね。
ていうか舞台はそれっぽいんだよね、ぽつぽつと俳優さんと役だけが埋まってったんだけどブロックずつに主君括りかも! みたいな感じで推測が行われてて、まあ、そこに織田ブロックが存在してるのは確かに客観的に見ても、さて、どうなるかな。

2月16日めも。

イベントが開始しました、【不動行光】くんドロップしました、本当にありがとうございました、いつも周回記録を取ろうと思っているんですが今度こそと決意を新たにしたところでの終了でした、8回出陣に6回ボス到達、正直とうらぶってわりと周回しているうちにドロップ内容が変化してくるところがあることがあるのですが(あんまりないこともある)、なんかもう、それとは別のテーブルで計算が行われていた気がします。
だってそれ以前全部短刀だった気がするし、ボス泥な!!!
怪我人が結構多くなるんで、今回は手入れ札を使うことにしようと思ってまして、まあ、さっき【浦島虎徹】くんを手入れして来たんですが、今後はあんまり気にしないようにしていこうかなと、思います。
明日からしばらくアイテム回収してるんじゃないかな、前回イベントで無視ったし。
どっかのステージで逸れたことあったっけ? 全部1回でボス到達していたような気もするので正直地味に面倒かもこれ…。
うち、短刀も脇差もあんまりレベル低い子いないし、竹薮どうしよう。
そしてまあ、正直、小夜も含めて短刀勢の安定した精神が好きなので、このへれへれの態度にとても慣れない…、慣れない。
なんかあれだよねー、日本号さんとか長曽祢さんとかに近い感じの。
山姥切さんとか蜂須賀さんとはなんとなく別カテゴリというかなんだ。
 
あと、この刀に関してはあんまり見たことないんですが、刀関係の本ではないのかなぁ、ひょっとして、新藤五国光の弟子なら、どっちかというと正宗と藤四郎集めてた流れ?
どっちかというと地位が上がる前に持ってた刀かもなぁ、地位ない頃だと結構な刀だろうし。

Tag: とうらぶ雑記
(とうらぶその他、39)