Top / 雑記:とうらぶその他、57

雑記:とうらぶその他、57 のバックアップ(No.2)

Last-modified:


雑記:とうらぶその他、57

9月15日めも。

『神社でたどる「江戸・東京」歴史散歩』歴史新書、の読了でーす、というかこれさえ書いてしまえばあとは残り3冊を読み終わりさえすればいいんですけどね、手元にない状態で書く必要もないような気もするんですが手間は増えるし。
同じジャンルの場合は、被るジャンルの本をまとめてから読んだりはします。
 
で、あれ、結構何冊か読んでる著者さんのですが、わりと新味の期待とかはしてないんですよね、ただ、なんかそれなりにどの段階でも面白く読めるんだよなぁ。
私あんまり、手広く本を書いてる方って信用してないようなところがあるんですが、どのジャンルにおいても変に踏み込んだことは言わない、いい意味で教科書的な少し古い説であっても堅実にわかってる部分を重視している。
その上で手広くやってるってのが積み重なってる感じでいいのかも。
この本でも、読み終わった時点でも知らないことはないのになぜか面白く読めたんですが(反面、普段読んでるような神社の本だったら書いてあることが結構ぽつぽつ欠けてた)、それがなにかというと多分御霊信仰で、要するにどうもこの土地の敗者に寛容な気質を御霊信仰、平将門だの菅原道真の時代から連綿と受け継いで来たってことをそれとなく示そうとしてたんじゃないのかなー、という気が。
菅原道真と関係する土地かってのは、あれ、何人もいた息子の三男が流されて来た土地とが関係が深いかどうかはまあ意見が別れるであろうものの、確かにこの多摩を含んだところだと歓迎されていたような気はするなぁww
というか言われてみると天満宮多いよなぁ、あと北野(京王線に駅があるの)という土地もひょっとしてそれじゃなかったっけ、あ、やっぱりあるね、北野天満社。

9月16日めも。

『京都・国宝浪漫』#71「国宝・山門の魅力と癒やしの庭園~東福寺」で、えーと、前にも見てるからいいか、次の回でもう一回時間とチャンネルを記録しよう…。
この東福寺は1939年の段階で修復をしてるんですが、正直どういう文脈だったのかちょっとわかんないな、終戦が1945年なので、戦時中だよなぁ。
で、まあこの番組の中で「昭和を代表する作庭家」と言われていたのにも関わらずお金がなかったので永代供養料にします、というような条件で庭造りを重森三玲氏が引き受けていたのでもうちょっと安い相手に頼むのがまず先なんじゃ?! と正直思っちゃったんですが、条件として出したのが一個だけ(北斗七星を作って、だっけかな)というだけであとはひたすら自由に作っていたらしいし、これ正直、そう短期間では作れないよなぁ、と思って念のために検索してみたんですが代表作のトップバッターでした。
あ、うん、なんかこう、この庭を造ったためにむしろ昭和を代表することになったのかな、と番組聞いてる間に感じるようになっていたんですが、そもそも有名になったきっかけってほうが正しいのかもしれない、大変失礼しました...orz
 
てかあれ、九条…なんだっけ、兼実しか出てこないんですが(この人だけ何度もエンカウントするんだよ!)、まあその息子かなんかだったと思います。
禅寺の中ではだいぶ早いんだよとか、公家と新勢力が結び付いたんだよとか、父親がむしろ東大寺と興福寺の炎上からの復興を手掛けてたからその名前なんだろうなとか、いろいろ思い返しながら見てたんですが、無駄を徹底的に省く禅寺というコンセプトのわりには全体的に作りがごついな!? というのが正直な感想になりました。
どっちかというとごつい作りを有効利用って方向だよね、お庭も素敵でした。

9月17日めも。

『歴史と人間 '14』#10「メアリ・ウルストンクラフト-女性解放運動の先駆者-」の引き続きなのですが、現在リアルタイムで9月20日て現在とうらぶがメンテナンスをしているところで、私は録り貯めた放送大学の講義はなるべく見ようとして、うーん、次はなにを見るべかと迷っております。
放送大学以外の歴史番組はまあそんなに優先しなくてもいいような気もするし、でも間に挟んでいかないと早い時点で飽きそうだし! と思案なう。
えーと、この人物に関しては、男に騙されて騙されたのに仕事に付いて来てと言われたらほいほいと付いて行き、その後また騙されて自殺未遂を行い。
娘の生まれたのち11ヶ月で命を落とした、理由はなんだっけ思い出せない。
みたいな人生を、ちょっと残念じゃね? みたいな口調で語ってる人が印象的だったんですが悪い意味ではないです、めっちゃわかる、男性だけど、あの人はちゃんとしてる、ていうかそのあとでルソーの話をしていたんですが、なんじゃいこいつって感じだし、そもそも弱者視点に立つ人なんだろうね、尊敬出来る。
あ、そういや娘さんは『フランケンシュタイン』を書いた方みたいですね、なんか物の弾みで生まれた作品だっけ、家族全員有名人ですねー、みたいに言われてたんだけど夫氏の経歴を聞きそびれましたまあいいや。
 
というかよく考えたらフランス革命とアメリカ独立って言ってて奴隷開放って話になってるんだからその時代の人か!?
確かあれ、夫に見捨てられたら餓死するか娼婦をするか以外の道がない時代じゃなかったっけか、次の時代だと家庭教師が選択肢に入るはず…まあ、仕方ない気もするかな…。

Tag: とうらぶ雑記
(とうらぶその他、57)